スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こーんちゅー

今日は会社の先輩と虫の話で盛り上がってしましました・・
別に虫が好きとかじゃないんですが、なんていうか昔の思い出話みたいなので・・・
今回はそれについて印象に残ってるものを書きたいと思います!
以下注意点が・・・

・虫嫌いな人は自己責任でお読みください。
・今記事には若干じゃないくらいのグロテスクが含まれる部分がございます。
・中の人の挿絵がちょいちょい入ります。
・でも想像はしないでください・・・。
・そして気分が悪くなったら速やかにブログをお閉じください。
・登場する虫の半分は悲惨な最期を遂げていますので、ご注意ください。






<カマキリ編>
カマキリってお腹の中にハリガネムシがいるとか言われますよね。
その先輩もお腹の中の虫を見ようと一生懸命いじめていたらしいんですよ・・(昔ですよ!)
その時、頭をもってカマキリをブンブン降ってたら
虫01
頭と体が分裂したそうです!
しかし怖いのはココから・・・

本来なら頭と体が離れた時点で死んだと思っていたカマキリが
手に残った頭をよく見てみたところ・・
虫02
と目がグルグルと回り、触覚がヒュンヒュンっとずっと動いていたそうです・・・。



<みの虫編>
これも先輩の話から。
先輩が小さい頃、近所にある気にたくさんのみの虫がいたそうです。
小さい頃はなんでも宝物になるので、先輩はその沢山のみの虫を捕って家に持ち帰りました。
大切な宝物「みの虫(大量)」は、先輩の自分お部屋飾っておきました。
次の日の朝、寝床から自分の部屋へ入ってみると、虫03
夜中に大移動したであろう、みの虫たちが壁一面に・・・。



<思いでいっぱい団子虫編>
たぶん皆が共通して遊んだ事ある虫・・!
これはウチの昔の記憶ですけど・・・
まだウチが幼稚園児の頃。休み時間も終わり教室に戻ろうとしていたところでしたー・・
突然同じクラスの男の子に呼び止められ振り返ると、そのこは手のひらに団子虫を持っていました。

男の子「今から面白いもんみせたろっか!」

そう言って男の子は小さな団子虫を両手で摘むように持ちました・・
パキ
虫04
両手でつまんでいた団子虫を、丸まる方とは逆に折り、そのままひきちぎtt・・・
幼稚園の時の起こったことですけど、未だに鮮明に覚えているくらい衝撃がありました・・・。




<【絶滅】蜘蛛編【すればいいのに】>
さて、中の人が一番嫌いな虫の蜘蛛ですね蜘蛛。
これは先輩が小学生の頃。
天気のいい日だったので窓をあけてゆっくりしていた時のことでした。
窓からやってきたのは蜘蛛。
しかもこの蜘蛛、顔ほどの大きさをしていたそうです・・。
コレを見た家族は一目散で部屋の外に!
そして最後に逃げ送れた先輩に虫取り網を渡し・・・
虫05
家族でドアを閉鎖し、先輩に退治を頼んだそうです・・!(なんて鬼家族・・!)
泣きそうな先輩に対してズイズイと向かってくる巨大蜘蛛。
無我夢中で網を振り回して捕まえ、そのまま元来た窓のそとから投げ飛ばしたと言ってました。
勇敢に戦った先輩に対して、その蜘蛛からは足を一本置き土産を貰ったそうです・・。






以上で虫話は終わりなんですが・・・
この話をしているとき、先輩が「どーしても言えない・・ここじゃあ言えない・・」といって
話してくれない話がありました。
それは「みの虫を潰すと・・・」って出だしなんですが、先輩はこれがトラウマでみの虫恐怖症らしいです・・。
もし誰か知ってればこっそり教えてくださいな><
スポンサーサイト

COMMENT

 

COMMENT FORM

 
管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

Powered by FC2 Blog Template Designed by しらか

FC2Ad


Copyright © ごった煮 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。